整体枕で首や肩の悩みを軽減!質の高い睡眠で体を癒すこだわりの枕をわかりやすくご紹介

整体枕と通常の枕はどう言った違いがあるのかご紹介していきましょう。通常のタイプというと、ふんわり感のあるタイプが多いですが、これだと首や頭が沈みこんでしまい方や首に大きな負担を与えてしまいます。整体枕は、特殊な形に設計された商品であり、首や肩に負担がかからないように設計されています。頭部を置く部分が凹んだ形で作られており、首や肩に負担がなるべくかからないようになっているために、首回りをしっかりホールドして血行を促しやすくしてくれます。

整体枕は一般的な枕と何が違うのか

テレビショッピングやインターネット通販でよく見かける、整体枕が気になっているという方も多いのではないでしょうか。肩こりや首への負担を軽減したり姿勢を直したりする効果が期待できると話題ですが、一般的な枕と整体枕は何が違うのか気になるという方も少なくありません。一般的な枕はふんわりと柔らかく寝心地の良さを重視しているため、頭や肩が沈み込んでしまいますが、特殊な形状をしているため首や頭を沈み込ませ過ぎず支えることができるため、首に変な角度がついて痛みや歪みを発生させたり、肩への負担をできる限り軽減させていることが特徴です。また、寝相などが悪い方は頭がはみ出して不自然な姿勢のまま寝てしまうことがありますが、首が正しい位置に戻るように設計されていることもポイントで、ストレートネックなどの症状に効果を期待することができます。 身体の構造や姿勢に関して知識のある整体師が監修していることも特徴で、疲れや痛みが出にくい理想的な寝姿勢を保ちやすいことが挙げられます。

整体枕を使うと肩や首の負担を軽減できる

遮光カーテンで光をシャットダウンしたりエアコンや加湿器や除湿器で寝室の湿度・温度を調整したりアロマディフューザーで良い香りを拡散したりなど、安眠を叶えるために取り組みたい寝室環境整備はいくつかありますが、整体枕で体に負担をかけない寝姿勢を実現させるというアプローチも安眠に直結します。整体枕はほど良いホールド感・柔らかくも硬くもないベストな高反発感・抜群の安定感・心地良いフィット感が魅力で、首や肩にかかる負担を大幅に軽減できます。体圧分散で首の骨の形状に優しくフィットし、寝返りで横向きになっても良い寝姿勢をキープします。縦幅や横幅が広めのタイプを選ぶとさらに快適度がアップし、高さも自由に調節することが出来て至れり尽くせりです。ストレートネックや肩こりや首こりの症状に悩んでいる方、朝目が覚めると体が痛かったり頻繁に寝違えを起こしたりする方、息苦しさで夜中に何度も目が覚めてしまう方におすすめです。

整体枕ならではのデザインと見た目の特徴

部屋を真っ暗にする遮光カーテンや音を遮る耳栓や光を遮るアイマスクや嗅覚に働きかけるアロマや耳に優しいヒーリング音楽など、安眠をサポートしてくれるお助けアイテムは数多くありますが、体圧分散やクッション性や整体的な設計や高反発や首への負担軽減で安眠を叶える整体枕も人気です。整体枕ならではの特徴的なデザイン・見た目と言えば、幅の広さです。縦にも横にも幅広くて、ベッドマットレスに溶け込むような一体感を味わえます。横幅か広いと寝返りで頭が横を向いてもはみ出ませんし、縦幅の広さは寝心地の良さと正しい寝姿勢につながります。幅広いサイズ展開でベッドのサイズや就寝のシチュエーションに応じて選べますし、高さはパットを入れたりして自分で調節できます。肩こりや背中の痛みやストレートネックや首こりの悩みがあり、朝起きた瞬間に痛みを感じることが多く寝違えも起こしやすい方に使って欲しいアイテムです。使い続けることで正しい姿勢を保てるようになり、首まわり・肩まわりのトラブルも防げます。

整体枕に使われている中材の種類とは

枕の中材には様々な種類があり、頭を乗せた時の感触から耐久性、ボリュームなど特性が異なります。整体枕の中材も決まったものはなく、一人ひとりの体の状態や好みで選ぶことができます。高反発ファイバーやパイプといった硬い素材は、形が崩れにくいためしっかりと身体を支えてくれるのが特徴です。通気性もよく、湿気がこもらないため衛生的に使用できるというメリットがあります。 低反発ウレタンや極小ビーズのような素材は、体にフィットしやすく頭や肩への力を分散してくれる特徴があります。整体を目的とする場合、低反発ウレタンが使われることが多く、他の素材と組み合わせてより快適な寝心地を実現しているものも販売されています。極小ビーズは他のどの素材とも異なる滑らかな触り心地で、柔軟に形を変えて首や肩にフィットします。非常に小さな発泡ビーズを使用しているため、滑らかなさわり心地で、首や肩に合わせて柔軟に形を変えることができます。つぶが非常に小さいことから、潰れにくく耐久性にも優れています。

整体枕は寝ているときに呼吸がしやすい

体温を下げたりハーブやアロマを取り入れたり空調を快適に保ったり遮光カーテンを設置したりカフェインを控えたりブルーライトを避けたりなど、安眠を実現させるために講じるべき対策は色々とありますが、整体枕で体に負担をかけない完璧な寝姿勢を朝までキープするという対策もおすすめです。高反発で適度な弾力性と硬さがあるので頭がフィットして上気道が確保され、寝返りで横向きになっても沈み込んで埋もれないので呼吸が楽になります。首の骨や背中の筋肉や肩の関節に一切負担がかからない設計で、トラブルが無い快適でストレスフリーな睡眠を叶えます。機能性のみならずデザイン性も高く寝室のインテリアを邪魔することもないですし、通気性も良くて清潔に保てる素材で作られており寝汗をかいても大丈夫です。ハイクオリティな整体枕を使えば熟眠感が得られて疲労回復度もアップしますし、肩こりやいびきや寝違えや首痛やストレートネックの予防対策も出来ます。

整体枕の幅は寝返りがしやすい長さ

外的な情報をシャットダウンするためのアイマスク・耳栓・遮光カーテンや寝室環境を快適に保つためのエアコン・空気清浄器・加湿器など、睡眠の質向上において期待以上のハイパフォーマンスを発揮する安眠グッズは数多存在しますが、寝姿勢の悪さが睡眠の質の悪さにつながっているという自覚がある方に使ってみて欲しいのが、翌朝まで理想的な寝姿勢を保ち首・背中・肩に余計な負担をかけず快適な寝心地を叶えてくれる整体枕です。高反発特有の丁度良い方さや沈み込まないクッション性や首の骨にダメージを与えない設計や抜群のフィット感や型崩れしにくい耐久性など、整体枕には沢山の魅力が詰まっていてメリットだらけですが、横幅の長さがしっかりと保たれており寝返りを打っても頭が落ちないという点も魅力です。横幅だけではなく縦幅も長めで、ベッドマットレスと一体化するような安定感・安心感があります。横向きにも仰向けにもうつ伏せにも対応可能です。

整体枕は高さを自分で調節できるものが便利

枕には様々な種類が存在しており、それぞれ自分に最も合っていると思えるタイプは違って当然になります。しかし、どのタイプを選ぶかによって睡眠の質に大きな影響を感じることが多くなるので、今使用しているものに少しでも不満があるのであれば思い切って買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。また、どうしても自分に合ったものを見つけることができず、首や肩の痛みも全く解消されないことに酷く不満を抱いているのであれば、ぜひ一度高性能な整体監修枕を使用してみることをおすすめします。整体師が監修しているので性能が高いことはもちろん、様々な機能が揃っている点も大きな魅力になってきます。 特に調節が自由自在に行えるところはかなり魅力的と言えるでしょう。硬さを自分の好みに調節することができるようになることはもちろん、使用感を高めるために中に入っている素材の量を適度な分量まで減らしたり増やしたりすることも可能になるため、自分専用のカスタマイズがしやすいところも良さになります。

整体枕は仰向きの首や肩をサポートしてくれる

整体枕は、仰向きの姿勢をとることによって、首や肩を効果的にサポートしてくれる優れたアイテムです。これは、寝ている間に頭と首を正しい位置に保ち、体全体に安定感をもたらします。 仰向きの姿勢は、一般的に姿勢改善や筋肉のリラックスに役立ちます。首のカーブや背骨の自然なカーブに沿った形状を持っているので、寝ている最中に首や肩にかかる負担を軽減し、日中の疲れを軽減することが期待できます。 さらに、血行を促進し緊張を和らげる助けにもなります。正しい姿勢になることで血流が改善され、肩の緊張も緩和されます。これにより、寝ている間に全身のこりを軽減し、快適な眠りをサポートします。個人差がありますが、多くの人がその効果を実感しています。良質な睡眠と健康な姿勢を求める方にとって、有益な選択肢の一つと言えます。適切な整体枕の選択は、個々の体型や寝姿勢に合わせて行うことが大切です。自分に合ったものを見つけることで、より良い睡眠と健康な毎日を手に入れることができます。

自分に合った整体枕の高さを調べる方法とは

整体枕の高さは非常に重要なポイントで、どれほど良い素材を使っていても、高さが合っていなければ身体に負担がかかってしまいます。一般的に、高さがあると肩や首の筋肉に緊張を強いてしまい、低すぎると寝返りが打ちにくいなどの問題が生じます。 睡眠時の姿勢は、仰向けになった時に立っている時と同じ姿勢になることが理想と言われています。首の骨はストレートではなくゆるやかなカーブを描いているので、仰向けになった時にマットレスや布団の間に隙間ができます。整体枕はこの隙間を埋め、首の骨のカーブをサポートする効果があるため、正しい高さにすることが大切です。 高さを調べる方法は、立った状態で壁に背中と後頭部をつけて顎を引いた自然なポーズの時、壁と首の隙間を量ります。この数値に2㎝程度を足したものが理想の高さで、しっかり身体をサポートできるようになります。素材や他の寝具の影響で身体が沈み込む場合があるので、実際にベッドに横たわり首や肩を支えているかチェックするようにしましょう。