整体枕で首や肩の悩みを軽減!質の高い睡眠で体を癒すこだわりの枕をわかりやすくご紹介

整体枕と通常の枕はどう言った違いがあるのかご紹介していきましょう。通常のタイプというと、ふんわり感のあるタイプが多いですが、これだと首や頭が沈みこんでしまい方や首に大きな負担を与えてしまいます。整体枕は、特殊な形に設計された商品であり、首や肩に負担がかからないように設計されています。頭部を置く部分が凹んだ形で作られており、首や肩に負担がなるべくかからないようになっているために、首回りをしっかりホールドして血行を促しやすくしてくれます。

整体枕は一般的な枕と何が違うのか

テレビショッピングやインターネット通販でよく見かける、整体枕が気になっているという方も多いのではないでしょうか。肩こりや首への負担を軽減したり姿勢を直したりする効果が期待できると話題ですが、一般的な枕と整体枕は何が違うのか気になるという方も少なくありません。一般的な枕はふんわりと柔らかく寝心地の良さを重視しているため、頭や肩が沈み込んでしまいますが、特殊な形状をしているため首や頭を沈み込ませ過ぎず支えることができるため、首に変な角度がついて痛みや歪みを発生させたり、肩への負担をできる限り軽減させていることが特徴です。また、寝相などが悪い方は頭がはみ出して不自然な姿勢のまま寝てしまうことがありますが、首が正しい位置に戻るように設計されていることもポイントで、ストレートネックなどの症状に効果を期待することができます。 身体の構造や姿勢に関して知識のある整体師が監修していることも特徴で、疲れや痛みが出にくい理想的な寝姿勢を保ちやすいことが挙げられます。

整体枕を使うと肩や首の負担を軽減できる

遮光カーテンで光をシャットダウンしたりエアコンや加湿器や除湿器で寝室の湿度・温度を調整したりアロマディフューザーで良い香りを拡散したりなど、安眠を叶えるために取り組みたい寝室環境整備はいくつかありますが、整体枕で体に負担をかけない寝姿勢を実現させるというアプローチも安眠に直結します。整体枕はほど良いホールド感・柔らかくも硬くもないベストな高反発感・抜群の安定感・心地良いフィット感が魅力で、首や肩にかかる負担を大幅に軽減できます。体圧分散で首の骨の形状に優しくフィットし、寝返りで横向きになっても良い寝姿勢をキープします。縦幅や横幅が広めのタイプを選ぶとさらに快適度がアップし、高さも自由に調節することが出来て至れり尽くせりです。ストレートネックや肩こりや首こりの症状に悩んでいる方、朝目が覚めると体が痛かったり頻繁に寝違えを起こしたりする方、息苦しさで夜中に何度も目が覚めてしまう方におすすめです。

整体枕ならではのデザインと見た目の特徴

部屋を真っ暗にする遮光カーテンや音を遮る耳栓や光を遮るアイマスクや嗅覚に働きかけるアロマや耳に優しいヒーリング音楽など、安眠をサポートしてくれるお助けアイテムは数多くありますが、体圧分散やクッション性や整体的な設計や高反発や首への負担軽減で安眠を叶える整体枕も人気です。整体枕ならではの特徴的なデザイン・見た目と言えば、幅の広さです。縦にも横にも幅広くて、ベッドマットレスに溶け込むような一体感を味わえます。横幅か広いと寝返りで頭が横を向いてもはみ出ませんし、縦幅の広さは寝心地の良さと正しい寝姿勢につながります。幅広いサイズ展開でベッドのサイズや就寝のシチュエーションに応じて選べますし、高さはパットを入れたりして自分で調節できます。肩こりや背中の痛みやストレートネックや首こりの悩みがあり、朝起きた瞬間に痛みを感じることが多く寝違えも起こしやすい方に使って欲しいアイテムです。使い続けることで正しい姿勢を保てるようになり、首まわり・肩まわりのトラブルも防げます。

整体枕に使われている中材の種類とは

枕の中材には様々な種類があり、頭を乗せた時の感触から耐久性、ボリュームなど特性が異なります。整体枕の中材も決まったものはなく、一人ひとりの体の状態や好みで選ぶことができます。高反発ファイバーやパイプといった硬い素材は、形が崩れにくいためしっかりと身体を支えてくれるのが特徴です。通気性もよく、湿気がこもらないため衛生的に使用できるというメリットがあります。 低反発ウレタンや極小ビーズのような素材は、体にフィットしやすく頭や肩への力を分散してくれる特徴があります。整体を目的とする場合、低反発ウレタンが使われることが多く、他の素材と組み合わせてより快適な寝心地を実現しているものも販売されています。極小ビーズは他のどの素材とも異なる滑らかな触り心地で、柔軟に形を変えて首や肩にフィットします。非常に小さな発泡ビーズを使用しているため、滑らかなさわり心地で、首や肩に合わせて柔軟に形を変えることができます。つぶが非常に小さいことから、潰れにくく耐久性にも優れています。